「ブラックリスト」なるリストは存在しない?

ブラックリストというと、まるで黒い表紙の要注意人物一覧が書かれている手帳のようなものを想像てしてしまいがち(私だけ?)ですが、 実際にはそういったリストを指して「ブラックリスト」と呼んでいるわけではありません。

その意味で言うブラックリストと呼ばれるものは存在しません。実際にそういうリストがあるわけではないのです。

じゃあ、ブラックリストって何なんでしょう。

「ブラックリスト」とは事故情報のこと

通常、我々が住宅ローンを組んだり、銀行から融資を受けたり、消費者金融からキャッシングしたりすると、この情報は記録されます。

どこどこから、いつ、いくら借金したか?
いつ完済したか?というように。

これを『個人信用情報』と言います。

普通に返済し、滞りなく完済すれば別に何の問題もありません(これを『ホワイト情報』とも言う場合があります)。ただの「個人情報」です。

しかし、債務者(借主)側の返済過程になんらかの支障をきたした場合、その旨が信用情報に特記事項として記録されます。

この特記事項を『異動(事故)情報』と言いますが、
この異動情報が信用情報に記録されている状態を
『ブラックリストに登録された』と表現します。

ブラックリストのイメージ図

つまり、ここで『ブラックリスト』と呼んでいるものは、その信用情報に、
債務者が債権者(貸主)との契約の履行が出来ない状態、いわゆる「異動(事故)情報」として記載されている、その情報のことを指します。

ですから、個人信用情報機関側には、ブラックリストと言っても通用しません。いや、正確に言うと、通用しないと言うよりも、ブラックリストという言葉は使わないはずです。 だって、そんなリストは存在しないのですから。

このページの先頭へ