ブラックでも使えるVISAカードとETCカードの話

ブラック登録のデメリットのいくつかは回避できる

ブラックになると、新しい借金ができないわけですが、きっとこの点がみなさんが引っ掛かる所なんだと思います。(この手のご質問の比率が最も高いです)

確かにその通りなんですが、今はこう言ったデメリットの「ある部分」は回避できるようになってきています。
ここでは、その「ある部分」のお話をしようと思います。

予めお断りしておきますが、新しい「借金」ができない以上、キャッシングやローン等の直接的な「借金」だけはどうしても無理です。これだけは、しばらくの間我慢してください。

ブラックでもVISAカードが使える!

ブラックになると新規でクレジットカードが作れないのが通常です。これは正しいのですが、「VISAカード」は作れます。矛盾しているようですが、そうなんです。

「デビットカード」なるものをご存知でしょうか?

デビットカードとは、銀行キャッシュカードの一種で、口座の残高の範囲で利用できるマネーカードのことです。

そして、そのデビットカードがVISAと提携しており、VISAの取り扱いのある店舗でキャッシュレスでショッピングができるカードです。

VISAデビットカードイメージ図 通常のVISAカードを含めたクレジットカードは、ショッピングは「借金」になりますので、与信審査が必要です。

しかし、VISAデビットカードは残高の範囲内ですので、借金ではありませんし、与信審査のようなものはありません。よって、ブラックでも作ることができます。口座開設に必要な要件があれば足ります。

現在、日本では2社がVISAデビットカードを発行しています。

スルガ銀行VISAデビットカードは、日本で初めてVISAデビットカードを発行し、その後、旧イーバンク銀行、現在の 楽天銀行がVISAデビットカード機能を盛り込んだキャッシュカードを発行しています。

私は両方所有していまして、ネット決済で利用したりします。

ご興味ある方はどちらでもお好きな方を、と言いますが、ネット銀行である楽天銀行の方がよりキャッシュカードとしての使い勝手は良いと思います。

どちらもセブンイレブンで入出金はできますし、VISAとしての機能は同じです。

個人的には、このVISAデビットカードがあれば、ブラック登録のデメリットの大部分は解消できると思っています。 あくまで預金範囲内ですので、借金が増えることはありませんし、機能的にはクレジットカードとなんら変わりがありませんから。

ブラックでもETCカードが使える!

実は、デビットカードでは賄えないこともあります。

それは、「ETC」機能です。(→ETCとは

高速道路を頻繁に利用する方は、どう考えてもETCカードがあった方が断然お得ですよね。

ETCカードの発行は、ご存じの通りクレジットカードのような与信審査がありますので、ブラックでは作れないです。

現時点ではETC機能を持ったデビットカードは存在していませんし、もしかしたら、そのデビットカードの性質上、ETC機能には馴染まないかもしれません。

しかし、今はブラックでもETCゲートを通過することができるようになっています。

ETCパーソナルカード」というものがあります。

これは、高速道路6社が共同して発行しているETCカードのことで、クレジットカードではありません。

これは、デポジット(保証金)を納めた上で利用料金を月単位で引き落とされていくというものです。

私も高速道路は月1~2回ぐらい利用しますが、普通のクレジット機能のETCカードを利用しています。
ので、あまり詳しくはわからないので詳しくはサイトでご確認頂きたいのですが、ブラックでもETCカードが持てるのは確かですね。