委任状とは

委任状とは、住民票や戸籍謄本等の公的証明書の申請・発行や何らかの法律行為(契約等)、交渉事等の際、本人が何らかの事情で直接携われない時、 代理人が本人になり代わってそれらの行為をする時に必要な証明書です。

本人が当該行為をこの人(代理人)に委任しました、と相手方に示すためのものです。

必要事項さえ記載されていれば、(一部を除いて)特に書式に決まりがあるわけではなく、その点は自由です。

その必要事項とは、「本人の情報」、「代理人の情報」、「委任する内容」です。
これらがないと法的にも委任は成立しませんので、ご注意ください。

本人・代理人の情報とは、名前・住所・生年月日ですね、直筆で押印も忘れずに。そして、委任した日付は必ず入れてください。
これがないと委任状として成り立ちません。

それと、委任する内容ですが、一言で結構ですので、明確な委任内容を記載しなければなりません。

例えば、住民票の写しの委任でしたら、「住民票の写しの取得に関する一切の権限」とかね。

委任内容以外の行為には代理行為は及びませんから、注意してください。

委任状文例

以上踏まえて、委任状の文例を作ってみました。

もちろん、これがすべてではありません。必要な方は、ご自身で考えてもいいんじゃないでしょうか。

委任状文例

このページの先頭へ