個人信用情報に事故情報が記載されるということ

事故(異動)情報=ブラックリスト情報とお話ししましたが、その事故情報にはどんなものがあるのでしょうか。 すなわち、どういうことをすればブラックリストに載るのか、お話ししたいと思います。

一言で言ってしまえば、『信頼を著しく損ねる契約不履行』があったときです。

融資を受ける際、借主は、当該契約において、貸主の求める決まり事に納得の上、融資を受けることに同意しているのです。
貸主も決まり事を守ると同意してくれた人だからこそ、 貸すことを決めたわけです。

しかし、残念なことに借主はその約束を破り、しかも、信頼を著しく損ねるほどのものでした。 そうなると、貸主は、他の金融機関に「コイツはヤバぞ。約束守らないぞ。」と知らせます。

これが『事故情報』です。だから、事故情報は「CRIN」にて一定の同業者間で共有されるのです。

『信頼を著しく損ねる契約不履行』とはどんなことか

では、『信頼を著しく損ねる契約不履行』とはどんなことでしょうか?

それは、延滞、しかも、『長期の延滞』です。基本的には長期の延滞で事故情報となります。

約定返済日(又は入金予定日)から一定期間以上何ら入金されない場合は、その旨が事故情報として記録されます。

一定期間とはよく3か月程度と言われていますが、現在は61日以上の延滞で事故情報登録されるようです。

その延滞の中身は様々になります。延滞そのものだったり、延滞に関連した理由だったりします。

事故情報
の内容
説明
延滞 約定返済日(又は入金予定日)から一定期間以上何ら入金されない場合
借金整理 任意整理・特定調停・民事再生・自己破産といった一般的な借金整理の他、返済継続中での過払い金返還もこの類です。
代位弁済 保証契約基づく保証会社や連帯保証人からの弁済等、当該契約者の返済不能による第三者からの全額支払い。
契約解除 当該契約者の返済能力欠如による著しい信頼失墜のため、カード強制解約

ご覧のように、延滞、もしくは延滞に関連した理由で事故情報登録になります。
債務者は、融資を受ければ、約束通りに返済することが唯一の義務になりますので、それができないとどうしても信頼の失墜になります。

その事故情報ですが、登録期間が規定されています。半永久的に登録されているわけではありません。

このページの先頭へ