ブラック登録はマイナス面ばかりではない!

ここまで、ブラック(事故情報)登録によるデメリット、制限をお話ししてきました。ご覧のように、登録期間中は借金における行動が制限されてきます。

しかし、世の中の取引は『契約』という一般的・客観的ルールの下になされており、この約束事を反故にすれば、それなりのペナルティーを受けるのはやむを得ないと考えます。

その意味で事故情報登録というのは、合理的なシステムだとは思います。他のご意見もある方はいらっしゃるでしょうが。

実は、私自身、事故情報登録者だった時期があるんです。それなりの制約を感じていた時期があるんです。しかし今思えば、それ以降の人生を考えたら、良い体験だったのかもしれません。

そう思えた理由があります。

それまでの私は、いわゆる「借金癖」というものがありました。しかし、それ以後、一定期間は借金というものができませんので、苦痛な部分も多少はありましたが、おかげさまで借金癖は治ったかもしれません。

ブラックを抜け出してからもう数年経ちますが、借金もできる状況に戻りましたが、借金することにかなりの抵抗感を感じるようになりました。

今が変われるチャンスかもしれません

以前は後先考えず、結構平気でお金を使っていましたが、自分の収入をわきまえて使うようになりました。

ようするに、私は変われたのです。
もちろん、結果的にですが、それでも、借金癖を捨てることができました。

また、貯金ということとは殆ど縁のない生活をしていたわけですが、事故情報期間中は貯金もすることも出来ました。

いくら貯金できたとは言えませんが(笑)、「意外とできるもんやな」とニヤける程度はできました。同時に、これだけ無駄遣いしてたのかとちょっと後悔したことを覚えています。


このように、前向きに考えれば悪いこと、辛いことばかりではありません。 もし、事故情報に載ったことでそれまでの自分の生活を後悔しているのであれば、是非「自分はこれを機会に変わろう」と考えて頂けたらと思います。

ピンチをチャンス変えられる逞しいあなたになってください。

このページの先頭へ